675     投稿者:    投稿日時:2019/01/15(火) 21:48:55           
石野悟司、ここ三か月以内に、東京バプテスト教会、の建物に出入りしていることが目撃されている。 
教会から出た瞬間には既に安堵感や安心感に包まれた様子で、いざとなった時の逃げ場所と見られる。 

石野悟司、が、石原さとみ、井上真央、でダメだった場合の保険として、上坂すみれ、悠木碧、を確保している。 
石原さとみ、井上真央、というのは一か八かで、 
大量の処女ともセックスできるかもしれないし、一人の処女ともセックスできずに人生を終えるかもしれない。 
つまり、石野悟司、にとっては、創価学会は全てが博打で、キリスト教での安堵や安心が大きいという。 
現に、上坂すみれ、悠木碧、は、石野悟司、に自分の処女を与えなかった場合に、 
石野悟司、があっさりファンをやめて次の処女を応援することは、上坂すみれ、悠木碧、にとって何ら損害がないという。 
上戸彩、はもっと経営を考えるべきだ。 
石原さとみ、井上真央、が、石野悟司、を捨てただけで全ての創価学会女子部員は自動的に、石野悟司、を捨てるシステム。 
更に矛盾があるのは、石原さとみ、井上真央、は、石野悟司、に処女を与えたいのに、創価学会女子部員の一斉引き上げに沿っている。 
創価学会は、そこまでも、浮気や不倫に満ちており、一対一の恋愛ができない状況なのだ。 
少なくとも石野は、明日の約束、において、「吉岡圭吾、には宗教科の授業が足りない、男の失恋には教会というすぐに行ける逃げ場がある」、と語る。 
また石野は「キリスト教が嘘だったら自殺は悪いことではない」と語る。

フォロー記事投稿(返信) ←戻る



 

(1000桁1000行まで。適当に改行を入れてください。タグは使えません。
本文中に %image と書くとアップロード画像はその部分に挿入されます。)

(リンクを入れたい場合はここに記入します。)

画像アップロード (jpg/gif/pngのみ。横幅1600pixel、縦幅1600pixel、サイズ3000KBまで。)